治療を考える会

 

19日の申し込みはコチラ(10名先着順:残り数名)

※残り2名で受付終了!

 

治療を考える会とは

皆様は日々の臨床場面の中で患者様の治療においてどういったことに悩みますか?

こんな悩みありませんか?

  • 患者像がつかめない
  • 動作分析が難しい
  • 問題点抽出ができない
  • 治療に根拠が持てない
  • 動作や脳画像、現象などから原因追及がうまくできない
  • 治療のバリエーションが少ない

その際に、セラピストして必要なことは何だと思いますか?

私自身臨床で悩んだ際にとった行動は多くの勉強会にいき、答えを探すことでした。

聞いた内容の知識を当てはめ、習った手技などを目の前の患者像に実践する、それで患者様が変わると信じて、ただただ繰り返す。

そして効果がでないとまた新たな学びを得にセミナーにいくか、諦めて考えることをやめてしまう。

 

そうすると、なんだか昔の臨床が楽しい、患者様を良くするぞ、といった想いがどこか薄れ、日々の臨床業務をただただこなすだけになってしまっている自分に気づきました。

 

セラピストにとって必要なことは何なのか?

 

もちろん日々学びを得ることはとても大切です。

学びなくして成果はでません。

 

しかし、ただ知識や技術を学ぶだけではダメだと、ある時患者様から気づかされました。

『先生は私の"何に対して"リハビリしているのですか?』

そう問われた時に答えられなかった自分がいたんです!

その方の問題点が何で、何に対して自分が治療をしているのか、ここの根拠がなく、明確な答えがだせなかったのです!いつも答えを求めていたはずのに...

 

その時に気づいたのが、自分で考えることをしていなかったなと...

つまり、セラピストにとって最も重要なことは『自ら考える力』なのです!

治療方法を学ぶことももちろん大切ですが、悩んだ時に自分で考えれる治療方法の考え方が身に付いたら、これからの臨床、目の前の患者様を多く改善できると思ったのです!

自分で考える治療方法を日々実践し、模索することで臨床での治療が大きく変わってきました。

 

そこで今回、
脳外臨床研究会 会長、脳画像セミナー講師の山本 秀一朗
脳外臨床研究会 歩行セミナー講師の中上 博之

と一緒に『1から治療を考える会』を開催することになりました。

こちらは少人数でLINE@登録者限定に行います!

参加者

LINE@登録者限定

10名少人数制

 

少人数にするには理由があります。

 

普段のセミナーでは中々臨床の話など皆様と深く話すことができません。

そのため本当に伝えたいこと、一緒に共有したいことなどを時間をかけて、じっくりお伝えすることができませんでした。

また普段のセミナーでは、こちらからの一方的なアドバイスだけになり、皆様の『自ら考える力』が身につくことが難しいのが現状ではないでしょうか?

 

ですので、10人とかなり少ない人数設定をさせてもらいました。

これは、

目的

参加者全員で一緒に学び、本気で患者様を変えるための場

にしたいからです。

ですので、講師二人も皆様と本気でぶつかります。

是非参加要項をご確認頂き、ご興味がある方はお申し込みを宜しくお願いいたします。

我々とともに是非成長していきましょう!

第2回は11月19日(火)20:00から開始させて頂きます(時間厳守でお願いします)。
申し込みは11/13(水)23時より開始(先着順、定員に達し次第受付終了)

19日申し込みはコチラ(10名先着順:残り2名)

 

セミナー概要

セミナー概要

  • 日時:毎週火曜日 20時~22時
  • 会場:脳卒中専門リハビリステーション(大阪市西成区天下茶屋3-28-5 TMビル3F)
  • 定員:10名限定先着順
    (申込開始:毎週水曜日23時~
  • 参加費:無料
  • 持ち物:動きやすい服装(実技のため)
  • 参加条件:自分の意見が言える方・患者様を治したい方・建設的な方
  • 出禁条件:キャンセルされた方・非建設的な方・他セミナー団体所属の方

 

関西以外の東京・名古屋・広島・博多・北海道で参加希望の方は以下のお問い合わせより直接ご連絡ください(開催可能かどうかも含め詳細の打ち合わせが必要になります)。

ご連絡頂ければ、後日詳細含めこちからご連絡させて頂きます。

お問い合わせはこちら

更新日:

Copyright© 脳外臨床研究会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.