無料会員閲覧ブログ集

2020/4/30

なぜオンラインサロンを開くのか?開設に向けて山本の想いと覚悟!

コロナに伴い、テレワークが増え、皆さんがセミナーで記載してくださったアンケートに目を通し、質問に答える動画作成が毎日の日課になってきた脳卒中難民0を目指す山本です。   さて、今日は明るい話題です。 半年間構想してきたオンラインサロンBSC college(脳外臨床大学校)がついに5月1日に開校となります!!   10年間セミナーをしてきた脳外臨床研究会が『継続的な成長』をテーマに立ち上げたました。 今回、オンラインサロンにした理由について少し明確にしたいと思います。   ま ...

2020/4/30

脳画像って本当にみれないといけないの?脳画像を見て臨床が変わった4つのこと!

セミナー開催決定 5月9日(土)脳画像セミナーをZOOM(オンライン)で開催決定!セミナータイトル:脳画像を臨床でどう使うか 緊急事態宣言発令に伴い、クラスター感染予防のために脳外臨床研究会も6月分の全セミナーが中止となりました。 詳しくはコチラ セミナー中止だったり、世の中がテレワークに移行したり、仕事してはいけない雰囲気になってますが、これは決して『ゆっくりしていい』という意味ではなく、今だからこそ、医療職としてレベルアップして世の中のために何ができるかと考えたり、コロナが収束した後の爆発的な行動のた ...

2020/7/19

筋緊張を脳機能から理解するために必要な被殻の役割とは?

脳卒中患者さんの問題点としてよく遭遇する『筋緊張』。特に被殻出血例において、筋緊張は低下もしくは亢進するケースをみることがあると思います。 そもそも、なぜ被殻障害を受けると筋緊張の問題が生じるのでしょうか?そして、被殻が障害を受けると筋緊張は低下するのか、もしくは亢進するのか? 今回は、被殻出血例における筋緊張障害のメカニズムや機序についてまとめていきたいと思います! 筋緊張とは? まずは『筋緊張』というものが筋のどういった状態なのかについて整理していきたいと思います。 その中で、まず筋の生理学的な側面か ...

2020/4/30

脳卒中に特化した治療方法を考える①

昨年、七月にあった選挙にて自由民主党・日本維新の会から出馬した療法士議員が共に落選。その結果、訪問リハビリテーションと開設という初めてリハビリが中心となって事業を行えるチャンスをなくしたにも関わらず、ほとんどのセラピストがこの現状を知らないという状況に業界の閉塞感を感じている脳卒中難民0を目指す山本です。   セラピストの給料は、保険で賄われているため保険点数が上がらない限り、売り上げ(リハビリをした単位数)に対して給料に中々反映されません。その全ては厚生労働省によって握られているわけです。 こ ...

2020/7/19

脳梗塞をみつけるMRI画像の特徴とポイント

過去のブログでは、 CTの見方について主にまとめてみました。 主にCTを用いる場面では、脳出血や発症初期の脳画像をみる際に用いる脳画像になります。その際に脳梗塞では、CT画像からでは中々細かな病巣部位を把握することは困難となります。CT画像からみつける脳梗塞はこちら その際に用いるのがMRI画像ですが、今回はそのMRI画像についてまずは概要的な部分からまとめていきたいと思います! MRI画像について 脳出血の場合はまずはCT画像から確認をするということで、では脳梗塞の場合は何をみるかというと、MRI画像を ...

2020/7/19

CT画像をみる際のポイント!

CT画像について 脳画像の種類の中で最も見る機会が多いCT画像についてまとめていきたいと思います。 このCT画像の特徴は脳梗塞にしろ、脳出血にしろ、脳卒中発症初期には必ずCT画像を取ります。   これはCTがMRIと比べると撮影時間が短く、病院搬送後に必ず撮影する画像で、まずは脳梗塞か脳出血かを瞬時に判断することができるからになります。   CT画像の特徴として最もわかりやすいのが、出血巣が白く(高吸収域)映し出されるということになります。 CT画像の特徴は、X線をあてることによって、様々な部位の透過性を ...

© 2020 脳外臨床大学校 Powered by AFFINGER5

月額1,980円~のオンラインサロン
申し込みはコチラ
月額1,980円~のオンラインサロン
申し込みはコチラ