ブログ

治療が上手くなる無敵コマンドとは?

来年3月に行う脳外臨床フェスタ
今年のテーマ、「講師の最前線」と題して、
受講生に合わせない、伝わらなくていいという講師ファーストのぶっ飛びセミナーを企画しているのですが、こんなのに来るぶっ飛んだ人は30人くらいかと思ってたら、もう既に50人を超えるぶっ飛び受講がいる事に驚愕している山本です。

FESTA申し込みはコチラ

 

先日より火曜日、20:00〜から
治療を考える無料セミナーが開催されました。

脳卒中専門リハビリステーションを
借りての開催なのですが、

10名という少人数。

マンツーマンでの治療指導。
技術練習はやはり楽しいですね。

偶数週は私、山本が行います。

奇数週は脳外臨床研究会、
認定講師の中上が担当してくれます。

2人のタイプは全く違っていて、

山本はかなりの感覚タイプ

中上はロジカルタイプ

と正反対なんですが、
これが楽しいですね。

 

なぜなら、治療に答えなんかないから!

 

脳外臨床研究会のスタッフがくれた本があるんですが、

その一文に

ビジネスにおいて
【これだけ準備すれば成功する】
という法則はない。
例え優れたセオリーがあったとしても、
自分のカードの使い方や
タイミングを誤れば
あっさり負ける。

【これだけ準備すれば成功する】
そんな魔法のメソッドがあるならば、
とうの昔に本になり、
1000万部を超える売り上げとなり、
全てのビジネスマンのバイブルになっている

もちろん、そんな
【無敵のコマンド】は
存在しない。

と書かれていました。

テーマがビジネスで、
勝ち方という本ですので、
いかに成果を出すのか⁈

という事がテーマとして書かれてたわけです。

そして、その冒頭にこの一文がある。

これは、リハビリ業界でも同じです。

必ず結果が出るという
無敵のコマンドは存在しないし、
どれだけ優れたセオリーがあっても
使い方や評価や考え方を誤れば
治療効果は出ないと言うことです。

つまり、無敵のコマンドを見つける事は
出来ないし、存在しない。

治療においても答えはないんだと思います。

ではいい治療、いいセラピストになる秘訣は
何かと問われたら、
私はこんなセラピストになるんだ
って強く思う事だと思います。

そして「今日のリハビリで良かったのか?」
と言う30%の不安が大切です。

不安が0%になると、
ヒトは安心してしまい努力を怠ります。

 

ところが、
70%の強い想い
30%の不安があると、
その不安をどうにか解消して
1日を終えたいんです。

この30%を消そうという想いが
ヒトの努力に繋がるんです。

こうやって、毎日向き合って来た結果を
脳外臨床フェスタや治療セミナーで
発揮したいと思います。

今日も

本当にこんなリハビリでいいのか?
これでリハビリ難民がゼロになるのか?

と言う不安まみれの中、

努力し続ける

山本でした。

-ブログ

© 2020 脳外臨床大学校 Powered by AFFINGER5