山本の独り言

脳外臨床大学校 開講 第一期生募集 3/1より

最近ZOOMセミナーで話すことが
1週間の楽しみに感じている
脳卒中難民0を目指す山本です。

さて、今回も
脳外臨床大学校(オンラインサロン開設)
について説明したいと思っています。

こちらの記事もご覧ください!

オンラインサロン チラシ(1)


 

まず、大学校という名前に何故したのか?
ということですが、
僕自身は、
岐阜県にある『平成医療専門学院』という
専門学校卒で、
花の華のキャンパスライフを体験していないため、
大学生が体験するサークル活動や飲み会などのイベント
また、専門的な知識を学ぶことへの
憧れがかなりあるということです。

 

では、そのキャンパスライフや専門知識(研究)をするために
大学院に行くのか?
というとそれは行かないわけです。

なぜかというと、僕は臨床家であって、
研究者になりたい訳ではない上に
臨床の探究や臨床で使えることだけ、
臨床のことをただ臨床をしている人と語りたい
そんな場所が欲しいというのが理由です。
※もちろん臨床家として大学院が大事ではない
というわけではないので、ご理解くださいね!

しかし、今の時代、職場などでも学ぶ機会が減り
臨床家が集まって、ただ臨床の話をする
そんな場所がないのも実際ではないでしょうか?

では、場所がないとただ嘆いていても始まりません。

なので、そんな場所を作ろう!
と考えたわけです。

  • 臨床を考え
  • 臨床を学び
  • 臨床を変えて
  • 臨床現場で喜ぶ

そのために、学び体験する場所
というのが今回発足する
脳外臨床大学校です。

まあ、ホリエモンやキンコン西野、
中田のあっちゃんにかなり影響されているのは
いうまでもなく!笑

すごい人のことは素直に吸収しちゃいましょう。

 

さて、大学といえばまず講義が必要です。
では、何が学べるのか?というと
ここは脳外臨床研究会の講師陣を中心に
今まで話してきたセミナーのことはもちろん
今まで話してこなかったが、
臨床で必要なことをなども
随時動画という形で提供していきます!

今現在実施しているお昼の無料セミナー
もちろん継続し、大学校メンバーには
お届けしますで是非お楽しみに。

そして、ここからが本題で、
大学生活にとって大事な
サークル活動ですね!

何サークルをつくるのか?ですが
まず行いたいのが、

やりたいサークル

テーマに沿ってどんな文献・本が良いか?という勉強するときのオススメ本をみんなでオススメし合うサークル。




なんていうのはどうですか?

ネーミングセンスの無さは置いといて(笑)

実際、いろんな本で同じテーマを扱っている訳ですが
実際にどの本で勉強すべきかというのは
悩みますよね。

また文献なども沢山あり、
一体どういったものが臨床に役立つのか?
そして、それをどう臨床に使っていくべきなのか?
これってとても悩みませんか?

そんな時にみんなで、いろんな本や文献を探して
テーマに応じた本のページや文献、
またその感想や臨床解釈などを添えて
ランキング化してお伝えできれば、
みんなも勉強に使えるじゃないかな?

こんなサークル、面白そうじゃありませんか?

是非これはやりたいなって思っています!

もちろん僕の解釈などもふんだんに皆様にお伝えするし、
沢山ディスカッションしたいなって思ってます!

 

次は、

やりたいサークル

講師育成サークル。


です!


これは、脳外臨床研究会時代からやっているので
もう10年ほどになるんですが、
やはり、『教える力・伝える力』
これからの時代かなりの武器になってきます。


僕も、それのおかげでみなさんと出会えてる訳ですが、
教える力・伝える力
臨床でもかなり活かされます。

例えば職場で
『こんなことしたいな~』ってなった時
上司や同僚などいろんな方に、
企画や考えを提案したり

また後輩指導・学生指導などで
教育するにあたっても
最も必要な力だと思います。

ですので、ZOOMという無料のアプリを使って
毎月『テーマに応じた内容のセミナー』
を作ってきてもらい、
それを発表しみんなで感想を伝える会をします。


発表した内容は、
大学校でもみんなに見てもらうことで
勉強にもなり、
知名度を上げることにも活用できる
と思うサークルですね。

そして、そこから実際に脳外臨床研究会での
講師への道へと進むことも可能です!

実際に、支部セミナーの講師陣は
ここからセミナー講師として活躍している
メンバー達です!

つまり、スタートはみんな一緒、
そしてそこで色んなことをトライすれば
沢山の自分の可能性が引き出せるということです!

と、今回は2つだけの発表ですが、
実は様々なサークルも考えています。

もちろん脳外臨床研究会のセミナー講師陣が実施する
セミナーサークルなども作り
(例えば歩行セミナーのサークル等)
そこからアシスタントや、
一緒に学べるオフラインでの環境も
作ることも考えています!

もちろんサークルに参加してもいいし、
これを楽しく見ていてもいいし、
参加方法は自由です。

でもこれができるのは
脳外臨床大学校のメンバーだけです!

2月中にはホームページも
ある程度完成させようと思ってますので
是非こちらのホームページも
随時チェックして頂き、
楽しみにしていてください。

全ては、頑張っているあなた、

そして、脳卒中リハビリで悩む患者様のために!

現場からは以上です。

こちらも見てね!

脳画像

2019/9/25

脳卒中評価のポイント

問題点をみつけるための知識の使い方や評価のポイントをお伝えします。

脳画像

2019/10/8

視床出血例における評価と脳画像(10/8配信)

視床出血症例を例に脳画像の見方や機能を説明しています。

脳画像

2019/9/25

基底核・視床の機能

基底核や視床の機能、運動麻痺などをどのように評価すべきなのか?

脳画像

2019/12/23

服装が与える姿勢

OTの視点からみる脳機能から考えた服装による姿勢への影響とは?

脳画像

2019/12/23

ADLに汎化しないのはなぜか?

どうすればリハビリ効果が病棟や在宅生活などで汎化されるのか?

-山本の独り言

Copyright© 脳外臨床研究会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.