山本の独り言

臨床効果を飛躍的にアップさせる『学びに繋げる勉強法』とは?

更新日:

 

みなさんこんにちは

脳卒中リハビリ難民をゼロにする

山本です。

 

最近は移動時間、お風呂、トイレ、ちょっとした時間に

すぐYouTubeを見てなんかええ事ないかな?

とか人生やリハビリの役に立つ事を探しています。

 

さて

「山本先生はいつ勉強してるんですか⁇

どうやって勉強したら先生みたいになれますか!?」

とよく聞かれるので、最近の近況報告を含めて、

成長するための学び方について明確にしたいと思います。

 

僕はいま、

脳卒中リハビリ難民をゼロにするために

  • 脳卒中専門のリハビリ施設の運営と展開
  • 脳外臨床研究会 年間100セミナー
  • 6支部の監修
  • 脳プロセラピスト養成校
  • 非常勤のリハ室指導 などなど

色々してるわけですが、

セミナーをしたり、システムを作ったりするためには

勉強しないといけないんです。

 

まあ、昔ほど時間はないですが、

15-20分あればかなりの事が習得できます。

 

昔から勉強が得意だったかと言うと、全くの逆で、

勉強は全くできませんでした。

 

でも、それは記憶と言う事が苦手だったんです。

ただ、本に書いてある事を理解せずに覚える事。

 

苦手な上に多くの時間を覚えることだけに注ぐので、

すぐ忘れるし使えない、

応用できないから、毎回一から覚えると大変でした。

 

ここで、なんのために勉強するかだけ明確にしときますね。

 

それは

人としてセラピストとして成長するため

であると言うことは共通の認識でお願いします。

 

リハビリ業界も同じで、
最近は、書店に行くとリハビリコーナーがあるくらい

情報というものは溢れていますよね。

 

昔は、新しい情報を持ってる人が強いと

言われる時代でした。

 

なので、情報を得るのにお金と時間がかかりました。
本を買わないとわからない…と言う時代ですね。

 

しかし、現代は違います。

 

おいしい料理の作り方はネットを検索したらすぐ出てきます。

どこのご飯屋さんがおいしいのかも検索したらすぐ出てきます。

 

何が言いたいかと言うと...

情報の価値は確実に下がっています。

 

つまり多くの情報をただインプットしても、

セラピストや人としての成長には繋がらないと言う事です。

 

では、どうすれば成長できるのか?
と言う事になりますね。

 

実は簡単なんです。

 

意識すること。

 

これです。

成長に繋がるチャンスは毎日何百回と訪れます。

それをキャッチ出来るかと言うとことです。

 

実は、この成長のチャンスを大半の人が逃しています。

セラピストとしての成長は勉強している時と思っていませんか⁈
僕は、机に向かって本読んでる時間は

ただのインプットにしか過ぎないと思ってます。

 

読んだ内容も臨床に使えるのは1割にも満たない事を知ってます。

でも、その1割を見つける事こそがチャンスを掴むタイミングであり、

その1割の気づきは、

日々の暮らしの中にしかないと言う事も知っています。

 

つまり、

インプットした事を意識して生活できるかどうか⁈

です。

 

これは、肉体的成長も精神的成長のどちらにも言えます。

何故ならば、全ては脳が決めており、

脳が変わらない限り変化がない

からです。

 

つまり、いかに脳を上手く使うかです。

その方法が常に意識して生きることなんです。

 

では、どんな事に意識するのか⁈
それは、

どんな人間、

どんなセラピスト、

どんな人生を送りたいかという

目的地点によって変化します。

 

僕は30万人の脳卒中リハビリで悩む
リハビリ難民をゼロにする事

目的に生きています。

 

つまり、全てはそこに注がれます。

これ以外の事は、はっきり言って必要ありません。

夢を叶えるためだけに必要な事が脳で処理されます。

フィルターといってもいいですね。
逆にそれ以外のことは流れて行ってしまいます。

 

本を読んだり、

YouTubeをみたり、

買い物に行ったり、

スポーツをしたりしても、

全てリハビリ難民をゼロにする事を

意識化に登る

ようにしています。

 

僕のセミナーを聞いて、

例え話が上手いと行ってくださる方もいますが、

全て経験して意識化した内容を伝えてるんです。

 

つまり、ただ闇雲に本を読むのではなく、

全て意識して

本を読みます。

 

それが目の前の患者のためであったり、
スタッフや仲間のためであったり、
自分の目的達成のためだったりと。

 

ですので、既に勉強する習慣がある人もそうでない人も、

一度自分がどうなりたいか⁇
今何を学びたいのか⁇
なんのために本を開いたのか??

を考えてみてください。

 

これが明確になった途端に、

学習効果は跳ね上がります。


と言うか勝手に脳内で理解しようとします。

 

これは僕らが臨床で使う注意機能と同じですね。

 

もう少し細かく言うと

高次脳の統覚と連合

になります。

統覚

対象に関して起こる個々の知覚が総合統一された、まとまった意識内容。また、それを成り立たせる、人間の精神作用。

連合

幾つかのものが結び合って組になること。また、組にすること。

つまり、

どの情報を抜き出して解釈するか

と言う事に繋がりますね。

 

勉強時間=成長ではなく

意識=成長です。

 

目的を持ち、とにかく意識して、

日々の臨床に向き合ってください。

必ず成長しますから!!

 

どのように勉強すべきか?

実際にやっていることを、脳プロでは日々実践しています!

 

毎年学びを得たい方が一年間という長いスパンをかけて

学びにこられます!

 

是非、山本と、

そして同じ志をもった仲間と成長していきたい、

そう思われた方は是非セミナーだけでなく、

脳プロにも足を運んでみてください!

 

脳プロの詳細はこちらから


脳プロの内容はコチラ

 

こちらも見てね!

脳画像

2019/12/6

ADL①:肘伸展不全

https://vimeo.com/377747404/7752555848 ADLシリーズ①もし肘の伸展が出なくなったらADLにどう影響するのか?

脳画像

2019/9/25

脳卒中評価のポイント

問題点をみつけるための知識の使い方や評価のポイントをお伝えします。

脳画像

2019/10/8

視床出血例における評価と脳画像(10/8配信)

視床出血症例を例に脳画像の見方や機能を説明しています。

脳画像

2019/9/25

基底核・視床の機能

基底核や視床の機能、運動麻痺などをどのように評価すべきなのか?

脳画像

2019/9/25

CT・MRIの違いや障害部位の同定

脳出血、脳梗塞の違いや障害部位の探し方についてお伝えします。

-山本の独り言

Copyright© 脳外臨床研究会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.