ブログ

誰の事を1番に考えるか?

日々、魅力ある人間になる為に
何をすべきか…という難題に
立ち向かい、
すぐ挫折して
逃げようとするけど
逃げたらそこで成長が終わり
魅力ある人間になれない…

魅力なくてもいいやんと思うけど
やっぱり魅力ある人に出会うと
そんな人になりたいと思い
初心に戻って成長を考えてる
脳卒中難民0を目指す山本です。

 

さて、今回は僕の犯した
ダサイ行動について共有して
皆さんの人生に活かして頂けたらと思います。

今回、いつもお世話になっている
お客様にお誘いいただき
ゴルフに行くことになりました。

ゴルフは基本4人で回るため
うちのスタッフ2人を誘ってくださり
僕、お客様、スタッフ2人の4人で
行くことになったわけです。

まずこの段階で、
スタッフ2人を休みの日に
仕事に連れて行くこと。


向こうとしては、
スタッフを誘っているので、
その2人分までお支払いしようと
思うかもしれませんので、
まず2人に対して、今回のゴルフ代金は
僕が払うので絶対お客様に払ってもらわない
という事を伝えました。

 

お客様に払ってもらってラッキーなんて考えはなく、
払ってもらうとまず対等ではない関係になる事
(仕事では上下でもプライベートは対等が基本です。)
身銭を切って遊びに行くのが大切です。
また、払って頂いたらその10倍は返さないといけない事。
など色々考えるわけですが

 

この辺は、昔に失敗しているので、
ギリギリセーフでかっこよく
ドヤ顔でスタッフに伝えました。笑

 

問題はここからです。

ゴルフ場はお客様が行き来しやすい所を選択するわけです。
そして、移動手段について相談するわけです。
結果、送り向かいをすることになったのです。

 

ダサイのはここです。

 

お客様は大切です。


プライベートで対等と言っています。
しかし、スタッフは対等ではなく
あくまでも上司と部下の関係です。

 

なのに、なぜお客様が行きやすいところ、
お客様の送迎を1番に考えたのか?

 

なぜ、スタッフの事から考えられなかったのか?
という事です。

 

1番大切なのはスタッフであり、
変な言い方弱い子達です。

 

お客様は僕と同い年な上に
経営者ですので、お金もあります。
しかし、スタッフは違います。

移動手段がなかったり、
お金がなかったりするわけですから、
そこをサポートすべきです。

自分の事を一番に考えている。
偉い人からの見え方ばかり考えているから、
そう言った気配りが出来なかったと言う…

形ばかり考えた行動は
スタッフを不幸にしてしまいます。

一瞬、ゴルフを誘ったときに
頭をよぎったのですが
まあ、大丈夫だろうと勝手に決め付けて…
それに気がついたのが前日。

 

どうやって行くの⁉と聞くと
車借りました…

 

あー最低ですね。

 

下の子は上には甘えられません。
上が気にかけてあげないといけないわけです。

さて、今回の失敗から学んだこと

何をするにも誰から気にかけるか⁉
それは下の子達です。


経営者やリーダーは何にも偉くはありません。
スタッフが働いてくれるから、
自分の存在意義があります。

 

その子の事を1番に考えられないのは
失格ですね。


自分よりも立場が弱いものに目を向ける

必ず1番に声をかける

兎に角、外面ばかり気にするのではく

内面を良くする事が大切。

 

もっともっと魅力ある人間!
そして上司を目指して、
失敗から学んで成長します。

 

全ては、頑張っているあなた、

そして、脳卒中リハビリで悩む患者様のために!

現場からは以上です。

-ブログ

© 2020 脳外臨床大学校 Powered by AFFINGER5