ブログ

成果が出るまでの時間! ミドリムシの法則とは?

脳卒中専門リハビリステーションの店舗に
セミナー専用のモニターをつけようと閃き
55インチの4Kテレビをアマゾンで
検索している
脳卒中難民0を目指す山本です。

 

さて、今回はセミナーでも話している
成果と結果について考えたいと思います。

まず成果結果という言葉について明確にしておきましょう。

成果とは

成し遂げた結果。あることをして得られたよい結果。

 

結果とは

ある物事・行為から生じた状態

 

つまり、成果とは行為を成し遂げた人のみが得られること

そして、成果を得るためには

行動しなくては結果を得ることはできない

ということになります。

 

僕はよく
行動なくして成果なし

と言ってきました。


行動の先に成果があるためですね。

 

では行動すればすぐ成果は出るのか?

 

答えはNOです。

 

いつ成果が出ると思いますか?
いつ頃から成果に気付けると思いますか?

 

ここでミドリムシの法則が重要になってきます!

では、このミドリムシの法則について話しながら解説していこうとうと思います。


とある家に鯉が泳いでいる池がありました。
そこに、ミドリムシ君が1匹います。


ミドリムシ君はこの池の表面を仲間で埋め尽くしたという野望があります。
そこで、ミドリムシ君は仲間を増やすために
毎日2つに分裂することにしました。

1日目 1匹
2日目 2匹
3日目 4匹
4日目 8匹




毎日2倍に増えるという
驚異的な成長率で
数を増やしていった結果


30日で池全てを仲間で埋め尽くす


ことができました、というお話しです。

 

目的:成果は(池がミドリムシで一杯になる)いつごろわかるのか?を理解する。

 

わかっていることは、

  • 30日で成果がでた
  • ミドリムシは毎日2倍になる

 

では成果(池が緑色なる)を実感できたのは何日目ぐらいでしょうか?

 

さて考えていきましょう。

 

30日で池一面ということですよね。

2倍に増えるため
29日は池の半面となります。

 

28日は1/4
27日は1/8
26日は1/16
25日は1/32
24日は1/64

 

つまり、倍に成長する力があっても
池が緑になってくるのに気づくには
25日以降だということです。

 

もし山本が1年目に戻ったら何をする⁇
1万時間の法則のブログでも
記載しましたが、

もし山本が1年目に戻ったら何をする⁇

寒さにめっきり弱く、この時期がくると家から出たくなくなり、冬眠したくなる脳卒中難民0を目指す山本です。   さて今回は、受講生の皆様からもよく質問される僕が、 一年目なら何をするか? どんな勉強をする ...

続きを見る

技術を習得するのに
1万時間→3年かかると言いました。

 

ではその成果はいつ見れるのか?
実は2年10ヶ月以降だということになります。

 

2年10ヶ月間
成果が出ないまま自分を信じて
継続した人のみ成長することができます。

 

90%以上の人が
習得したり、
成長する素質はあるにもかかわらず

  • 継続すること
  • 自分を信じに抜くことができずに

諦めてしまいます。

 

米国の発明家、起業家で発明王と称され、

生涯に1,300もの発明と技術革新を行った
トーマス・エジソンは

私たちの最大の弱点は諦めることにある。
成功するのに最も確実な方法は、
常にもう一回だけ試してみることだ。

と言っています!

 

セラピストとしても
人としても
諦めることなく
自分を信じて
チャレンジし続けてください。

 

それが、自分にできる
最高のリハビリテーション
だと思います。

 

それを目指すためには、
一人ではできなくなる、
もしくは挫折してしまいそうになる
ことも必ず訪れます。

 

その時に大事になるのが
共に学べる仲間です!

 

脳外臨床研究会は
そんな仲間を沢山集めていきたいと思います。

是非ともに学んで、成長していきましょう!

現場からは以上です。

全ては、脳卒中リハビリで悩む
患者様のために!

-ブログ

© 2020 脳外臨床大学校 Powered by AFFINGER5