山本の独り言

なぜ治療セミナーを無料でやるのか?

更新日:

最近は動画コンテンツを作ろうと

ビデオの前に立った途端に

話す事を忘れ

 

カメラが無くなると

イキイキと話し始める

山本です。

 

実は、11月から苦手な治療セミナーを

無料で始めようとおもっています!

 

いままで頑なに治療セミナーはしたくないーー!と言い張っていたのに、

なぜ今更治療セミナーをする気になったのか?

 

また、なぜ無料なのか?ということについて少し話します。

 

まず、無料についてですが、

これは、ちゃんと教えれないから!

 

ちゃんと教えられないのにやるの⁇

治療と違う事を教えられるのか⁈

 

と思う方もいるかもしれませが、

それもちょっと違います。

 

実は、僕はかなりの感覚派なんです。

治療もかなり感覚的にやってます。

ロジカルに考えるのは評価までで、

それ以降は、

ここがなんとなくこーなって

だからこーしたら、こーなってこうやから

いいやろ〜!!

みたいな。

 

かっこよく言うと、

小脳の内部モデルが

フィードフォワード的に

問題点にアプーローチしちゃってくれます。

 

これを伝えたこともあるんですけど、

後輩ならまだしも、

受講生に教えるわけにもいかないですよね…

 

でも、無意識で出来るようになるまで

死ぬ気で練習して運動学習させてきたんです。

 

何故なら、治療中に手の使い方や

やり方などに頭を使いたくなくて、

次何をするかや患者様のアウトプットを

キャッチする事に全ての注意を注ぎたいからですね。

 

と言うことで、脳画像みたいにロジカルには教えれません。なので無料です。

 

もう一つは、

教える、教えてもらうという

先生と生徒と言う関係ではなく、

共に学びたいからです。

その方が面白くないですか⁇

 

一緒に考えて

一緒にチャレンジして

一緒に失敗して

一緒に成長する

これ以上の喜びはないし

楽しいと思えることはないです。

 

なので面白い方の追求ですね。

まあ、ある意味自己満です。

失敗しても皆さん無料なんで怒らないで下さいね。

 

さて、何故今更治療セミナーをするのか?と言う本題に行きたいと思います。

 

それは、夢を叶える為です。

 

30万人以上いると言われる

リハビリをしたいけど…充分なリハビリを受ける事が出来ない患者様に

リハビリを提供したいとずっと思ってきました。

リハビリ難民ゼロですね!!

 

セラピストがいっぱいいるのに

何故リハビリしてもらえないのかと

疑問に思いますが、それが現実ですね…

 

ゼロにする為に、西成区という

日本で1番の貧困地帯で脳卒中リハビリの展開をしてきました。

 

でも、スピード感が足りないんですよね…

そこで、共に難民ゼロを目指す

志と技術を持ったセラピストの

仲間が欲しいんです。

 

今、巷ではセラピストがどんどん増えて

将来仕事が無くなる…

 

診療報酬が下がって

給料が安くなるという不安なニュースが

出回っています。

 

なのでキャリアを考えよう!という流れですよね…いいか悪いかはわかりませんが、

 

僕はどう思っているかと言うと、

セラピストという仕事はこれからもっと需要が上がってくると思います。

 

ただ、給料においては、二分化されると思います。

 

1000万を超えるセラピストの増加と

350万に行かないセラピストの増加ですね。

 

350万セラピストは労働対価ですね。

ただ、毎日18単位見る事を目的にしている

セラピスト達です。

でも大丈夫!食いっぱぐれる事は無いです。

 

1000万を超えるセラピストは2つあって

①患者様をゴールに連れて行ける治療技術があること。

②その人自身に人間的魅力がある事

です。

 

労働対価に対してこちらは何かというと

価値に対する対価です。

 

どれだけ患者様に本当の喜びを提供するか!

求められた事に応えられるか?という部分にフォーカスが当てられます。

時間や単位という概念ではないですね。

 

もう少し言うと

セラピストというくくりではなく、

山本という個人に対して価値がつくという事です。

 

これが大きな違いになります。

 

ちなみに、

二つ目の人間的魅力は

死ぬほどの苦労の上にしかないので

 

まずは、患者様をゴールに導く

治療技術を身につけていく事を

提供していくのが、

リハビリ難民をゼロにする事と

頑張ってるセラピストを幸せにすることの

二つが両立出来ると思ったし

それが使命なんだろうなと

勝手に責任感を感じているところです。

 

そして、この技術を身につけたセラピストと

難民をゼロにする活動をしていこうと思います。

 

これは、箱と言われる店舗を作っていきます。患者様とセラピストが出会う場所ですね。

 

この店舗が気になる人は

https://www.nouplus.co.jp/sp/index.html

ここをチェックしてね。

 

ここから始める

新たなチャレンジです。

 

定員は10名限定です。

まずは大阪から始めていきますが

そのうち全国でしようと思ってるので

LINE@とホームページを

要チェックですよ!

 

治療セミナーの詳細はこちらから


申し込みはコチラ


定員も残り若干名のみ募集中です!

 

脳卒中リハビリ難民をゼロにする

山本でした。

こちらも見てね!

脳画像

2019/12/6

ADL①:肘伸展不全

https://vimeo.com/377747404/7752555848 ADLシリーズ①もし肘の伸展が出なくなったらADLにどう影響するのか?

脳画像

2019/9/25

脳卒中評価のポイント

問題点をみつけるための知識の使い方や評価のポイントをお伝えします。

脳画像

2019/10/8

視床出血例における評価と脳画像(10/8配信)

視床出血症例を例に脳画像の見方や機能を説明しています。

脳画像

2019/9/25

基底核・視床の機能

基底核や視床の機能、運動麻痺などをどのように評価すべきなのか?

脳画像

2019/9/25

CT・MRIの違いや障害部位の同定

脳出血、脳梗塞の違いや障害部位の探し方についてお伝えします。

-山本の独り言

Copyright© 脳外臨床研究会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.